動詞編 8月21日号





  •  ★ 夏休み特集・特別特別スポーツ・動詞編 ★


       アテネオリンピックを記念して、

       スポーツ単語特集第5弾です。


       Yahooのニュースでイギリスに政府公認賭け屋なるものがあるのを

       初めて知りました。

       bookmaker と言うそうです。

       こんな事まで政府公認で仕事に出来るとは・・・びっくりです。
      


       ではでは今日の単語です。

       今日は久しぶりの動詞です。


       球技をする時は play を使いますね。

       play tennis

       play baseball

       などなど。


       でもそのまま動作を表すものもあります。

       どんなものが有ったか考えてみて下さいね^^

       ではではどうぞ。



       ★ play  〜をする、〜を演奏する、遊ぶなど。

           お馴染みの単語ですね。

           後、〜を演じるなどの意味もあります。

           play back  再生する

           fair play  フェアプレー

           なども日本語化してますね。

           その上規則変化動詞です。


       原        play

       過        played

       過分       played

       3単現      plays

       現分       playing
      



       ★ run  走る、流れる、動く、経営するなど。

           知らない人はいないのでは???と言う

           日本語の一部となっている動詞ですね。

           run away 歌の題名にもなっています。

                 逃げる、走り去る

           runner   これも題名になっていますね。

                 走者、競走者

           run out 尽きる、なくなる。


       原        run

       過        ran

       過分       run

       3単現      runs

       現分       running(nを重ねて ing)




       ★ row  (ボートなどを)こぐ。

           ボート競技は rowing になっていましたね。

           ♪ row row row your boat ♪

           の歌でも有名です。

           エッ、知りません?


       原        row

       過        rowed

       過分       rowed

       3単現      rows

       現分       rowing




       ★ sail  帆で走る、航海する、出航するなど。

           ヨット競技は sailing でした。

           最近中学校では1年又は2年の時に海に行くのでしょうか?

           ヨット、カヤック、ウィンドサーフィンなど

           色々体験できるようです。


       原        sail

       過        sailed

       過分       sailed

       3単現      sails

       現分       sailing




       ★ walk  歩く、歩いていく、散歩するなど。

           競歩 が walk でしたね。

           野球のフォアボールで塁に出る時も walk の様です。

           歩行者用の信号などにも使われています。

           散歩は気分転換にも、体力づくりにも良さそうです。

           ちょっと歩いてみましょうか?

           Shall we take a walk?


       原        walk

       過        walked

       過分       walked

       3単現      walks

       現分       walking




       ★ lift  持ち上げる、引き上げる、向上させる、そびえさせるなど。

           Weightlifting の lift です。

           イギリスでは elevator の事を lift(名詞)と言います。

           飛行機などが離陸するのは take off ですが、

           ヘリコプターなど垂直離陸する時は lift off を使います。
     

       原        lift

       過        lifted

       過分       lifted

       3単現      lifts

       現分       lifting




       ★ wrestle  格闘する、レスリングするなど。

           wrestling の wrestle です。

           レスラーは wrestler。

           w も t も 発音しません。

           何でつけるんでしょうね?

           語源が何かに関係があるのかもしれませんね。

           困難と戦う、問題と取り組むと言う意味も有ります。


       原        wrestle

       過        wrestled

       過分       wrestled

       3単現      wrestles

       現分       wrestling




       ★ dive  水に飛び込む、ダイビングする、水にもぐるなど。

           飛込競技が diving でした。

           私はかなづちなので、飛び込みは苦手です。

           空から飛び込むスカイダイビング skydiving

           最初に飛び降りた人は・・・どんな気分だったのでしょうね。


       原        dive

       過        dived

       過分       dived

       3単現      dives

       現分       diving




       ★ cycle  自転車に乗る、循環するなど。

           自転車競技の cycle です。

           自転車にも色々あるんですね。

           オリンピックの競技ではありませんが、

           その競技用の自転車で、くりくり自転車を自在に

           操り、移動し、自転車の上で妙技を見せる

           競技もある様です。


       原        cycle

       過        cycled

       過分       cycled

       3単現      cycles

       現分       cycling



   今日はここまでです。



   次回も、今回のようによ〜〜く似た単語を

   集めてみたいと思います。

 

 ちょっとずつ、ちょっとずつ。
 何度でもトライ!  




 「動詞選択記憶術」対応表



                                 
〜をする
〜を演奏する
遊ぶ

play
played
played
plays
playing
走る
流れる
動く
経営する

run
ran
run
runs
running
(ボートなどを)
こぐ

row
rowed
rowed
rows
rowing
帆で走る
航海する
出航する

sail
sailed
sailed
sails
sailing
歩く
歩いていく
散歩する
walk
walked
walked
walks
walking
持ち上げる
引き上げる
向上させる
そびえさせる

lift
lifted
lifted
lifts
lifting
格闘する
レスリングする
wrestle
wrestled
wrestled
wrestles
wrestling
水に飛び込む
ダイビングする
水にもぐる
dive
dived
dived
dives
diving
自転車に乗る
循環する
cycle
cycled
cycled
cycles
cycling







「動詞選択記憶術」、表の使い方
メールマガジンバックナンバーのページには
そのメールマガジンで出てきた動詞の変化が表になっています。

1つのコマには上に日本語、下に英単語が入っています。
日本語は表示されていますが、
英単語は背景と同色の文字なので見えません。

ここを範囲選択(ドラッグ)すると反転表示されるので、
答えを見ることが出来ます。

一度表全体を範囲選択してみて下さい。
どの様なものがお分かり頂けると思います。



 単語は発音して覚えると一番です。
 発音はGooの辞書サイトで検索すると
 音声を聞くことが出来ます。

 http://dictionary.goo.ne.jp/

 またお使いのパソコンにWindows Officeが
 インストールされていましたら、
 「Bookshelf Basic」が付属しているかもしれません。
 「Bookshelf Basic」をインストールしても
 音声を聞く事が出来ます。

 ※ 
 1.調べたい単語の先頭にマウスを移動します。

 2.左クリックしてそのまま単語の最後までドラッグします。

 3.単語が選択されて、反転表示されたのを確認

 4.キーボードのコントロールキー(Ctrl)と C のキーを
   同時に押します。

 5.これでコピーされましたので今度はGooのサイトの入力ボックス
   又は 「Bookshelf Basic」の入力ボックスにマウスを移動。
   ボックスをクリックしてカーソルを表示させます。

 6.キーボードのコントロールキー(Ctrl)と V のキーを
   同時に押します。
   これで単語が貼り付けできます。


 電子辞書をお持ちなら、そこで音声も聞けますので、
 是非発音して覚えてください。


       


Copyright(C) 2004どんどん吸い込む英単語All Rights Reserved


SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO